ブロ友さん三人の記事の中に この本が登場する。
それではと アマゾンで中古本購入 半額ほどのお値段だった。
どう見ても新品で、きれいに読まれたのかと感心する。

DSC02143.jpg

そこへ 息子からメールが入り 「やはりインフルエンザAだった消毒してね」
さあ大変 共通の場 お玄関を隅々まで消毒液で拭く。

湿度が20%  お洗濯いっぱいして 部屋の中に綱を張りぶら下げる。
加湿器を強にする。
全部の窓を開け放ち 室温29度から 26度へ下げる。

緑茶パックを煮出し うがい薬を作る。 気のせいか左の喉奥に
違和感を感じて、体温計る。 36度5分・・ダイジョウブ

中々湿度が上がらない・・あ・そうだこうなったらこれしか無いと
霧吹きで 部屋中を吹き周り カーテンも濡らす。 ようやく40%。

次にコートリルを飲み、アスコルビン酸を飲む。
それから・・水分だよと娘がメールを・・そうだと 
買い置きのオーエスワンの蓋を開ける。 この手は苦手だな~

それから 朝食がバナナ一本だったことを思い出し
いっぱい食べた。 ジュースも飲み、紅茶も・・これでどうだバイキンマン

もう何かする手は無いかと考えた。 あった~

仏壇へ向かって 「えぞをさん 守ってね」と言った
ロウソクの灯が 微かに揺れ・動いた。

N子さんがいま帰って来た。 彼女もインフルか
 2017_02_20


ブログ誕生日

Category: 日記  


「花あかり日記」を始めたのは2012年だった。 初歩的なことでつまずき
困りながらも 中断せずに続けられたのは 見守る人がいたから。

2015年 1月16日 花あかり日記から 「六花の里」へ変更した。
それからは えぞをの病が少しづつ重くなり・・
途中で幾度もフェイドアウトしそうに成りながらつづけて来られたのは
見守る人が居たから・・

これから6年目のブログをどうしようと・・考えている。

温かいのでお買い物へ。 ツブのお刺身・鯛焼き・バナナを買った。
空を見ると コウコウと美しくない聲がする。  カメラを向けるも・・
少しでもプライドがあるなら 決して載せない画像 
でも5年間書き続けてきたご褒美に・・タンチョウがお祝いに~そう思った。

タンチョウ

釧路川は氷結せず 川底を見せて澄み 「あ・カモが

カワアイサ
DSC02095.jpg
カワアイサと ホオジロカモかしら?何でも生き物に出会えるのは嬉しい。

スーパーの前で 同年齢のご婦人に出会う。
彼女は 旅行用のソフトキャリーを引いてお買い物に来たのだ。
きっと 連れを亡くされたのだろうと勝手に自分と重ねる。
そうだ今回の旅の用意で先日届いた 六花のキャリーバック
それを使うと もう少し多めにお買い物が出来るなぁ~

ソフトキャリー

明日から6年目の一歩を自分を信じて歩いて行こう。
 2017_02_05




昨日は サーフェイスでブログを書こうとして 失敗
写真を取り込み縮小することが出来ない。
何やっているんだろう・・などど思っている内に
エネルギーが切れてしまう。 ソファーにひっくり返って2時間眠る。

さて仕切り直し 
今日の朝ご飯 タブレットで写しこれを食べる。 サー頑張ろう~ 
 あ・書いておこう。
このお団子みたいなのは・「べこ餅」 普通は 緑の部分は黒砂糖
この緑は よもぎ。(初食べ) お団子の裏には笹の葉が。
笹の葉の匂いと よもぎの味がして うまい!

WIN_20170125_09_16_21_Pro.jpg


どう出るかわからないけれど これも載せてみよう。

::::::::::左ストーンカメオ シェルカメオ右;;;;;;;;;;;;

シェルカメオ2シェルカメオ1

カメオがあこがれになったのは・「風とともに去りぬ」で
スカーレットのドレスの胸元を飾っていた 大きなカメオだった。


カメオ職人の製作を見たのは 日本橋高島屋だった。
大きな手に しかし実に器用に細工をしていく 驚嘆し
その彫りの深い職人の顔にも見とれた 

ちゃんと書けたかな? 更新してからPC開いてみることにする。
 2017_01_25




1月23日の朝  いやー降ったね~

降ったね~

高校入試の書類を提出するとき 戸籍謄本を見た。
私は父の戸籍に入り 庶子となっていた。昭和15年生まれの弟も。

父の説明

母は ○○家の戸籍筆頭者  兄弟姉妹が早死にし、父も早世した。
大変な財をなして居たそうだが それ故に○○家を継ぐと言う足枷が有った。

一方父は、兄である長男が 近衛兵として村の誉れと言われ出征した。
やがて 粟粒結核と成り除隊 妻娘に感染 次々亡くなって行った。
 
次男だった父は 家督を継ぐという立場に追いやられた。

旧民法は 家督を継ぐ物同士の結婚が認められていなかった。
あるいはそれを乗り越えるための親類の承認と手続きが必要だった。

八方ふさがりの内に 私が生まれ 弟が生まれ 第三子を身籠もっていた。
父が頭を下げ周り 自分の子の誰かに 母の姓を名乗らせると誓約書を書き
ようやく第三子を (昭和18年)次女として届け出ることが出来た。

国家が個人を蹂躙した例である。

○○家は 樺太から追われ一切の資産はなくなり 
戸籍筆頭者としての母の名前が残っていただけである。

父の話す言葉を受けて 
(殆どそれがどうしたのかな・・自分は自分である事に変わりない)
と考え、それを忘れた。

私の 結婚の届け出の時発行された戸籍謄本は
すでに 新民法になっていたはずなのに相変わらず「庶子」であった。

再び今度は何やら真剣にえぞをに説明している父・・
要約すれば 自分たちは結婚届を出す事が出来なかったために 
娘の出生届は「庶子」となっているが
わたしたち両親の子どもである。と言う事だったろう。

えぞをもえぞをの母も理解し 結婚届を出してくれたのは義母である。

つづきがある・・ やがて だれに 母の姓を名乗らせるかと親戚に迫られて
皮肉にも 実子として届けられた次女が候補に挙がった。

次女は後年「私は親に捨てられた」と そのトラウマに苦しんだ。
彼女が思っていたことは 容姿が劣り 頭も兄姉に遠く及ばず
それで 両親に選ばれて 親戚の元へ行くように言われたのだと。
今もそう思っている。
次女の強い拒否にあい 結局母の姓を名乗る人は居なくなり 民主国家へと
変貌される中で 忘れられた。

しかし私も 弟も忘れず・・妹に到っては 両親に捨てられそうになった事を
恨んで大きくなった。

国家が個人を蹂躙することがあってはならないと 昭和の時代は教えてくれたはず
私たちは 守るべきものを間違えてはいけないと思う。

2015年弟の死亡で 戸籍謄本が必要となり謄本を取った。
私も 弟も 庶子の記載が消えていた。  不思議だったが
何だかすこし晴れた様な気持になった。 
伝えたい弟はその時もういなかった。


 2017_01_24


昭和の時代

Category: 日記  


心にとまった 友のブログ二つ
一つは 昭和の時代に買ったシャープの電卓。
いまだに立派につとめを果たしている。
昭和の時代を支えた技術力 昨年台湾企業に吸収合併された。

実は私も同じ様な電卓を持っている。勤務しながら店頭で使い
いまはトドック・・生協の共同購入注文で使い無くてはならない。

もう一つは
マッチの話し。 3月国内唯一のマッチ製造工場が撤退する。
あの懐かしいラベルの貼られたマッチ・・。
マッチもまた生活の必需品で 思い出の一つや二つは必ず有る。
電卓もマッチも 便利になったいまの生活から目にとまらなくなり
お二人の惜しむ声が届く。

2009年えぞをが在宅酸素患者になった時 我が家からマッチが消えた。
火気厳禁だったから。

仏具を安全なものに買い換える必要に迫られて 
ネットや仏具店で調べると
今までの大きな物では無く 小さな仏壇に小さな仏具が
おしゃれと言う言葉で表現したいようなものが たくさん見つかる。

仏具

此処では葬儀屋からいただいた一式の中に入っていたマッチ。

線香はネットで 香りの良い物と検索
多くの方々がこれを薦めていたので 一番短いもので・¥400
送料・¥0アマゾンで。

ロウソクは3センチほどで ロウソクの火も線香も
5分ほどで消える。 この位なら忘れんぼの六花でも失敗しない。

そして セリアで見つけたお洒落なチャッカマン?
御灯明と立派な書体で書かれている。蓮の花まで。

私がこだわってウロウロしている春まだ浅い日々・ 
あの頃えぞをはまだこの世の何処かから そんな六花を見ていただろう。


 2017_01_22




01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.