全部書くのは大変なので 河合先生なら許して下さると考えて載せた。
タイトルは 「自伝」を作る
河合隼雄の本

ブログを始めて5年間 ブロ友さんに共感して頂けて本当に嬉しかった。
上記の文章を見ながらこれに当たるな・・と解釈して
これからは 自分史みたいな事も書き始めたいと思って居る。

サーフェースと格闘しているのを流衣が見ていて
「あーちゃん ボクの高校ではあーちゃんは有名人なんだよ」と言う

ネットでお買い物したり Facebookをしたり(只今お休み中)
ブログを書く それでみんな「え~すごい」って言うことになっているらしい。

しかし間違い無くこれからは そう言う老人がどんどん増えて行くだろう。
いまの私は 同年代の方を見つけるのがとても大変!
友人たちは 携帯もFAXも理解できず難しいと言う。
パソコンは若い人がちょっと手助けしてくれると
画面も大きいし 覚えてしまえば例え訪問看護になってしまっても
扱える。 指一本でポツポツ打てば良い。親を励まし根気よく教えてあげて欲しい。
そこは外へ繫がる一筋の道になるのだから。

両親からもっと多くのことを聞いておくべきだったと後悔している。
父ならきっとブログを書いていたろう。多くの知識を持っていた。

で・・また呆れられそうだけれど・・六花の朝食これ

三色白玉1
三色白玉2
ピンクは ハイビスカス・ グリーンは粉茶・ 白は絹ごし豆腐でこねた。

 2017_02_08




昭和14年8月30日 えぞをはその時代 黒沢尻と呼ばれ
いまは北上市という市民病院にいた。 父が病床にあった。

えぞをの父はそれまで昏睡状態に有ったにもかかわらず
ふと目を開け 公園でブランコに乗っている二人の子を
「心配なので連れてくるように」と言った。まるで透視していたかのように。

まもなくえぞをの父は二人の子を見て安堵し、目を落とした。
三十六才だった。

それから戦争があり 火事に遭い えぞをの結核闘病があり
ついに墓参のなされぬまま えぞをの母は逝った。
つれづれに聞いていた義母の話を元に 菩提寺を、お墓を捜し見つけた。

納骨を終え えぞをの案内で北上市市民病院をおとずれた。
まだ木造そのままの建物で 道を挟んで公園もそのままあった。
昭和53年8月 義母の新盆であった。 垣根にはムクゲが咲き
えぞをの記憶にもその時ムクゲが咲いていたと言う。
 市役所へ観光マップをもらいに行くと
レリーフがおかれ 以下の市民憲章を読んだ。
一瞬にして、無条件でこの町が好きになった。 


北上市市民憲章

 あの高嶺  鬼すむ誇り

 その瀬音  久遠の賛歌

 この大地  燃えたついのち

 ここは 北上


昨日も書いた夏油温泉も 初めておとずれた。
切り立つ崖は 助手席側に有り 所々に落石もある。
車同士がすれ違う場所もない有様だったが やっと到着した。
夏油温泉は えぞをの思い出そのままに有った。
破調して鳴くミンミンゼミの合唱を初めて聴く。

昨日の更新は 自分のブログでは初めて多数の方におとずれて
いただき 不思議な気さえする。
夏油温泉を検索した
今年は必ず行こうと決心する。 どこかの湯の中でお会いするかもしれない
きのうの写真にしわとシミを加えてほしい。60歳はいま79歳で有る。
しかしミンミンゼミの破調は変わらず 樹に宿る精霊も変わらない。

車に自信の無い方は、北上駅東口にお迎えの車が待っている。

^
^^^^^^写真ね 無いと寂しいから サーフェイスでまだテスト^^^^^
シェルカメオ厚さも大きさもある。



シェルカメオ

 2017_01_29




流衣君 あなたが受験で頑張っているように
あーちゃんもチャレンジして 新しいことを獲得しようとしています。

メールの時は 並樹パパが頑張って調べてくれたけれど
字が大きくならず そういう機械だということになりましたが
ブログは大きな字で書くことが可能です。
それね見つけたのはあーちゃんです。

諦めないことって大事ですね。

写真も縮小方法 ようやく理解できました。
外へ出かけてとるほどの元気ありません。出窓を写します。
寒いね。 まっすぐに粉雪が降っています。

じゃこのままにして パソを開き 見て来ます。

写真はターシャです。 [大きくなったら僕ターシャのように暮らしたい。]

[ありゃー流衣君に伝染しちゃったかな?]

WIN_20170119_11_28_56_Pro.jpg

パソコンには書きかけが届いていない 保存をしなければ
ダメなようです。  写真ももう少し大きくても良いようですね。
 2017_01_19





家族の中で三人も一緒の11月生まれ。いつもまとめてお祝いをする。。

息子は仕事で×
N子さんは(息子の嫁) はマイコプラズマ肺炎で×

娘と孫二人と六花でお誕生祝いへ・・
小さなケースへ入れたえぞをのお骨も一緒に持った。

ホテルの方が いたわるように「お孫さんが一緒で良いですネ~」と
優しく声を掛けて下さる。 えぞをが旅だったのを知っているから。

トーヨーホテル2

トーヨーホテル

100ショップにも寄って おし花作品の素材になる物はないかな・・と。

織ちゃんRちゃん

結構色々な物を見つけることが出来て 嬉しい一日になる。

デ某さんからお聞きした 「アロエ」の効用是非試して見たく
ホームセンターへ寄った。   本屋さんへも寄ったのだけれど・・
ちょっと疲れたので・・明日へつづく。


 2016_11_27




昨日のコメントに soraさんの初登山が赤岳だったと報告があった。
同志のように感じて嬉しかった。 ジンヨウキスミレを見たのも赤岳だった。

私たちの還暦登山はこんな格好だった。 赤い帽子とズボンの赤いジャージーは
縁起物として選び 求めて来た。 しかし還暦を迎えたえぞをは 頑として着ないと言う。
何でも自分のおしゃれ感覚が受け付けないと言う様なセリフだったと思う。ふん!

長靴は歩きずらかった。登山靴は 娘と息子にプレゼントされ
その他は 秀岳荘に行って 揃えた。
なんでも登山用具は 「いのち」に直結するので 安物で我慢してはいけない。
息子からは そんなお達しだったような・・

TVカメラや 雑誌などの報道カメラマンなど ビックリするような光景だった。

還暦登山1

還暦登山2


━━━☆・‥そして 本日・‥…━━━☆体調すこぶる悪し━━━☆

コートリルを飲んで30分 楽になる。
これではだめだと 孫へTEL  受験の勉強の合間にコンビニで
デートしようと。それぞれが8分ほど歩く中間地点にコンビニがある。

外は 氷でつるつる やむなく車道を歩く。全身耳にして 歩く。
車には迷惑このうえなしだよね~ 何日ぶりの外出だろう・・

二人にはアイスを買ってあげる約束 それぞれに¥500円玉を渡す
「お釣りは要らないよ」というと 眼をまん丸にして嬉しそう!

娘のも何か買ってあげるとTELすると ものすごい食欲にさいなまれているらしい。
もう体重は限界リーチ・・私たちの祖先は脳梗塞の遺伝子を持っていたんだよー
と脅す。 あ・あ・・と娘。

朝食も食べられないで居た六花は サンドイッチを買い 
タンのスモークが有ったので それを買い 
「牛乳とタンのスモークと勉強の合間のおやつにするといいよ。」 
「マムには食べさせたらだめよ」

六花は 牛乳と小松菜とバナナのスムージーを作り昼食にした。

コンビニデート1 コンビニデート2

風に揺れるテッセン・・・チングルマのよう・・それにさえ思い出に結びつくとき
思い出の深さに揺れる自分。

テッセン



 2016_11_06




01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.