おおみそか

Category: 日記  

おおみそか。昨日とうって変わり、晴れ
路面がスケートリンクの様にピカピカ光っている。

2012年が終わるが、出来ることが少しづつ目に見える形で
減っていくと 実感する一年だった。 例えば 自転車が怖くて
乗れなくなる。野の花を意欲的に採集出来なくなる。
畑仕事が辛くなる。

えぞをさんは 行動範囲が少なくなり 歩く姿があやうく見える。
人はこれを 老いと言うのだろう・・
二人とも病んでいると言うこともある。
子どもは いつまでも元気でいる両親を見ていたいだろう
知恵を使って、元気で自立の生活を2013年もつづけたい。

まだ気候条件の良いときは、町の中だけ運転している。
えぞをさんから、車を取り上げたらダメと、家族も
福祉の方たちも、みんなそう思っている。
おおみそか8.jpg

酸素は まだ1でダイジョウブ。バイパップは医師に
強く勧められている。
おおみそか1.jpg

来年も ブログ休まず 書きつづけま~す。
みなさま どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。
おおみそか6.jpg

 2012_12_31


ピザ

Category: 日記  

やはり自分で作ったピザは美味しい。
三枚焼いて 娘に 隣に(息子ファミリー)と分ける。
娘ファミリーは 風邪で じーたんに近づけない。
窓からやり取りしている。 小さな孫が 心を残して去る。
いつも帰る時はそんな感じになる。 
いま 警察に追われている車が・・・
あの厭な警告音が聞こえてくる!!
可愛そうに 幾らの罰金かな? ゆっくり走ろうよ。
温度が+でどんより・・・お昼から霙らしい。
ピザ・・・パン焼機でピザボタン ~45分で生地出来る。
ピザソースは 生活クラブの味が 美味しいし安心。
ピザソース.jpg

ソースを塗ったら 今回はベーコン サラミ マッシュルーム
ピーマン 冷凍のコーン、チーズを載せて・・冷蔵庫の余り野菜なんでも。
ピザと雪だるま 005.jpg

230度に余熱をしておき 下段で20分~~とても簡単
ピザ2.jpg

夕食に 函館ワイン コンコード 酸化防止剤無添加を
飲みながら頂きました。お酒はやっぱりワインですね~~

 2012_12_30



平成8年発行 標茶 菱の実吟社 合同句集「菱の実」より

降る雪を 白光となし 兎孕む

白鳥に 雪降り行きて 画布消さる

林檎の芯 抛りさびしむ 灯台地     えぞを

これから野の花さんに頼まれた、ピザ生地を作ります。其の後、
ゆっくり新聞の囲碁、将棋欄を楽しむ予定です。

********************************バッド(下向き矢印)巻きずし.jpg

おせちを作らなくなってずいぶん経つ。
沢山作っても 年々小さくなっていくお腹には入らない。
それに、台所に立つ私はヘトヘトになる。
その代わり少しづつ暮れにつくり 毎日何かしら食べる事にしている。
今日は 巻きずしとおいなりさん。テーブルにどかんと
置いておき お腹が空いた人が勝手に食べることに。
帰省した孫が来て 食べていた。

ずい分前になるが このお皿、失敗作なので 捨てると言うえぞをさん
こんな大きなお皿は、二度と焼かないだろうと、頼んで
残してもらう。 25×30の大皿
えぞを作陶.jpg
こんな時無くてならないお皿です。 
明日は これから作る簡単レシピのピザを載せま~す。
きっと孫たちが手伝うことでしょう。 こんな暮れの過ごし方も
いいわ~と思っています。    野の花

 2012_12_29


昆布まき

Category: うつわ  

晴れ連日晴天がつづき 昨夕遅く孫が帰省する。パパが札幌まで送迎!

半日かけて 昆布まきつくり。。えぞをさんが「おいしいな~」って
言っている。 
材料はたったこれだけ。
古平の海から.jpg
材料にはいつもこだわる。ベスト素材が手に入る。
古平は 小樽から南へ少し行ったところ 昔はにしんで栄えた町。
昆布は 日本一美味しいと思っている厚岸の昆布。
この材料で作れば 料理の腕なんていらない。

青海波の縁起もののお皿・・・えぞを作
青海波うつわ.jpg

撮影、むずかしいな~~お料理の写真には特別の
テクニックとカメラが必要とつくづく思う。
昆布まき1.jpg

息子夫婦へ、これから娘ファミリーへ持参する。
笑顔が重なり、実は これが、野の花にとって至福の時となる。黒ハート プレゼント

 2012_12_28


能登の旅

Category: 日記  

母方の祖母が 能登生まれと聞き 能登には
郷愁の様な物を感じる。

お昼TVで、~猫のしっぽカエルの手~を見た。
ベニシアさんが 輪島を旅していらっしゃる。

放浪していたとき 三度ほど訪ねた。中でも「輪島漆芸美術館」は
圧巻であった。 朝市も素朴で、福井の大野、八戸の朝市と
大好きだった。  日本の漆の商品では 一番、雅で高価だった。
放浪している身分では とうてい買えない値段がついている。

これなら買える・・・は決まってお箸だ。 毎日使用する物だから
丈夫で 美しいものがいい。 孫や 子どもなど
家族の分を買い求める。
輪島塗.jpg

づーっと津軽塗りを愛用していて、これはしまったままでした。
お正月に使いましょうか。。。

昨日押した レモンの皮は こんな風に仕上がりました。
イメージがふくらみます。
レモン.jpg

 2012_12_27



耳の痛いのが治まり、少し遅れのクリスマス
写真は 厚紙にいろいろなマカロニに金色を塗って止めてある。
娘の手作りプレゼントの リースです。
クリスマス.jpg


アップルパイを作ります。 材料はりんごにレモン
シナモンに 梅ジュース少し
形が残るぐらいまで・・・おりんごから出てくる水分だけで煮ます。
お砂糖は粗製糖 色がきれいじゃないけれど美味しいし 
体の事考えてね。
アップルパイ2.jpg

アップルパイ1.jpg

パイシートは 子どもが小さいときは作ったの。。
でも、いまはこれで・・OKね。
アップルパイ4.jpg

耐熱お皿に、オリーブ油を塗り、、中性脂肪の関係で(涙。。
バターは省略。
アップルパイ5.jpg

石釜オーブンで、230度~28分で出来上がり
簡単なわりに 我がファミリーはみんな大好き!
アップルパイ3.jpg

残ったレモンの皮は==電気押し花器へ==
レモン押し.jpg

レモンの輪からどんな押し花出来るかしら??

 2012_12_26


氷紋

Category: 日記  

今年最後のゴミ収集日。
寒い! 手が痛い! 氷点下20度。素手では
冷たいより、痛いが当たっている。 物置きのガラス戸に
美しい氷紋が出来ている。
自分が写り込んでしまうけど、思わずカメラを向けたくなる
自然の芸術。
氷紋.jpg

太陽まで氷ってしまったの?
氷紋 004.jpg


 2012_12_25



よほど寒いのか ダイヤモンドダストが見える。
氷点下16度~~なるほど。 光に反射してキラキラ~~
サンタも今夜は寒かろう・・・
写真には写らないよと えぞをさん。やって見なけりゃ
わからない・・・の野の花さん~~しかし
車から水蒸気が立ち昇っているのは分かるかしら?
ダイヤモンドダスト.jpg

今朝、右耳の外郭全体が痛くて目が覚める。
昨年は左・・殆ど毎年左なのにな~
「ドッキン」と痛くなる 少し間があってまた「ドキン」と。
このドキンちゃんは 数日続くと、いつの間にか治る。
しかしその年によっては 心臓まで響くほどの「ドッキン」
になる。
あれは、幼い二人を連れて、暮れの買い出しに
三角市場へ行った時だった。辛いことが種々あって
友もなく 血のつながりも一切無く 見知らぬ町へ嫁ぎ
姑と小姑に、理解されず、孤独感にひりひりする毎日を
過ごしていた。 確執は 「よりによって、体の弱い嫁をもらって」
から始まっていた。確かに体が弱かった~
三角市場へ話しを戻すと、二人の子どもの嬉しそうな
笑いに支えられて 昔のおせちを一通り作るための
食材を買い求めていた。子どもは 口取りをとても楽しみにしていた。
え?・・口取りって何だっけ??あ~死語だ~~
(あとでネットで調べるとして)
この年は 思わずうめき声を上げ しゃがみ込むほどの
ドキンちゃんだった!。きっと平安でない心の影響も
あったのであろう・・何かにつけて懐かしい小樽
外出写真が撮れないので・・ 「小樽窯」の カレイかな?
小樽窯.jpg
小樽は 今年開港何十年かしら? 左からの文字に注目。
開港五十年 えぞをさんによると 先代のおじいさんの作品。 
それから 六十年ちかくたったのかもしれない。大切な器。
小樽窯2.jpg
/strong>
 2012_12_24


晴天

Category: 日記  

毎日良いお天気がつづくが、どうやら根雪のようで
サンタはトナカイのそりに乗って登場出来そう。
そうこなくちゃね~!
二人とも体調わるく、娘ファミリーも風邪で
クリスマスパーティお流れになる。

そんな日は レトルトで 省略して 体を休めるしかない。
買い置きの 友人オススメのこれは・・ちょっと薄味で
手を少し加えると良いかも。¥350
パスタ.jpg

パスタソース.jpg
あ・そうそう・・パスタは生活クラブの1.8㎜
これが断然美味しい! そう言えば 唯一の男児孫は
小さな時 生活クラブを「セイカラブラブ」って言っていた。
ア・ハ・ハ・・これから 子供や孫の幼語を 時々書いておこうかな?

 2012_12_23



働く親に代わって 様々な形で関わってきた保育園。 
四人の孫がお世話になった。
この道を通るとき 幼かった孫たちを思い出す。
三連休で、子ども達の 遊び着が掛かっているのが
外から見えて、季節の移ろいも見えてくる。

隣接する 場所に 保育園と幼稚園とが統合された
名称不明ながら 建物が建設されている。
新しい試みが 子どもの側から考えられていることを
願っている。

桜保育園1.jpg

桜保育園.jpg

えぞをさんが 今日は土曜日じゃない?と・・あれ~!
今日は 土曜俳句でした。 楽しみにしているみなさま
ごめんなさ~い。   ではでは・・
******************************* バッド(下向き矢印)えぞを

歳事記の雪の項には、ささめ雪、ぼたん雪、雪明かり
深雪、風花、雪女など いろいろ並んでいて
読み始めると、つい時間が経つ。
道東も今年は難儀しているが、これがオホーツクや
道央圏を思えば、悲鳴が聞こえてくるようだ。
この上は、お互い御身大事に 時の過ぎるを待つのみー

世に遠く 丹頂を呼ぶ 雪明かり

常連の 鹿に新顔 深雪駅

月青し スケートリンクに 集合せよ    えぞを

 2012_12_22




11  « 2012_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.