診察

Category: 日記  

診察日 気温が4度とあってか コート姿では
暑い! 午後から行くと空いていることがわかる。
検査結果は コルチゾールの値が 朝としては少ない。
患者会での 一応の目安・・Drが言うところの
15には遠く及ばない・・・
今朝も コトートリルの服用をする。自分で体調管理しながら
毎日を送っていく・・・これが自分だけの生活でないので
かなり厳しい・・・精神的なストレスを貯めないように
どうしようか?といつも考えている・・。

新しいカメラが届いて数日たつのに、まだ機能がよく分からず
まごまごしている。
いままでのカメラに慣れ親しんだので・・捨てがたく
ピンの甘いのを我慢している。

ソニーのコンデジ.jpg

接写 1㎝ ズーム20倍 多機能がついているがさっぱり
わからない。 「良い写真を撮りたかったら 説明書を読んで」
と息子に言われるが・・・あ・あしんどいな~~

 2013_02_28


春・・

Category: 押し花  

押し花で四季を表現してみよう・・・
生徒さん達は 夏・秋・冬と既に作品完成です。
私は 春の担当・・・道東の春は? この場所に春は
あるのかと こちらに住まいするようになってから
ず~っと考えていて 気が付くと夏かな?何て感じです。

でも福寿草に始まって キバナノアマナ エゾエンゴサク ヒメイチゲ
など やっぱり咲きます。 ですから春はあるのですね~

ちょっと暗い仕上がりになりました。 半切
 「愛冠岬にて」

愛冠岬.jpg


 2013_02_27


春が!

Category: 土曜俳句  

ネコヤナギを見に 軍馬山へ・・まだの様子
京大研究林の方向へ・・・有った! 見つけた!
何となく ネコヤナギから 道東は春がやってくるように
思えます。
雪寄せで 木の側までは行けません。
コラージュ用のネコヤナギ採取は無理でした。
キラキラ眩しい光に 米粒大の ネコヤナギ
春よ早く来てね。

春が!.jpg

  忘れし言葉 ふと思い出す ねこやなぎ    えぞを

 2013_02_26


柑橘類

Category: 日記  

東北 北海道も日本海側など 記録を更新するような
積雪とTVで知る。
老人所帯の方々はどうなさっておられるかと心配になる。

南国からの 到着!

柑橘類.jpg

待っていただけに、味の悪さに唖然としている。
多分 だまされたのだろう・・・。
スイートスプリングだけは 甘く美味しい・・・

少し 眠らせてみようと 台所の床下収納庫へ
入れておくことにする。  九州各地で食べた柑橘類の
美味しさが忘れられない者にとっては 悲しい日になってしまった。
もちろん メールで抗議はしてみたものの・・・

 2013_02_25


買い出し

Category: 日記  


スーパーには外国産の魚ばかり並んでいる。
娘の誘いで 漁協へ出かける。 根釧原野を
走る14号線の路面は凍結していて 寒い。

寒いね~.jpg

丹頂がいる。 あの小さかった丹頂がお母さんになっていたexclamation×2 
子どもの方が大きくたくましく育っている~嬉しい わーい(嬉しい顔)

丹頂.jpg

カモメが 餌を横取りする どんっ(衝撃) うらめしいだろうな~~

かもめ.jpg

むすめは かきえもんを 奥尻の友人へ送っている。
ナンテッタッテ 厚岸は 牡蛎 プレゼント

厚岸 026.jpg

今年は きっと釣りに来ようねー もし釣れなくても
漁協が直ぐ側 ?? 釣れなくても困らないわ~~などと
言っているかな? 

帰ってから ホッキの手巻き寿司
えぞをさんは カニを。 そして漁協の方に聞いたとおり
ゴッコの 醤油汁・・・うまかったわ~~

 2013_02_24



 呼吸器科受診 昼食にプリンスホテルへ

プリンスホテルバイキング.jpg
 釧路のいま 気温が低いものの 積雪ほとんどない
息子の予言に寄れば・・・「今年は、除雪が二度ほど
こんな年は、一夜に50㎝のドカ雪が二度ほど来るかも!」と
そうか・・・腰まで積もる雪 見てみたい気もする・・
釧路いま.jpg
釧路のいま・・・
***************************************えぞを俳句へ

TVの中に雷鳴を聞き、閃光を見た。
三月近いので、暖かい地方ではそろそろかもしれない。

東北地方など 呆れるほどの雪があり 私にとってはうれしい。
子どもの頃から 雪が好きだった。
緊張感 爽快感 開放感など みんなある。
これは、父祖の系でもある。
雪国では、雪が呼ぶ雪がある。

下校時の 東が暗し 雪起こし

落葉松の 雪衣溶け 滴れり
(からまつの)

湿原車 がたんと終点 雪ぼたる    えぞを

 2013_02_23


手入れ

Category: 日記  


春の日射しになると、あれこれ汚れが目立ってくる。
以前TVで 「ベニシアさん」が 漆のお道具の手入れに
椿油が良いと紹介されていた。
椿油が届いたので、毎日毎日使うお膳を磨く。
きれいになり、漆の光も取り戻せる。

お膳 002.jpg

津軽塗り.jpg


ちょっと一休み、 代わって会津塗りを出す。
裏側は黒塗りで 吉凶両方使用が可。

会津塗り.jpg

さくらの季節まで楽しみます。
うぐいす餅も、さくら餅も青森の おきなやさんにはかなわない・・
残念だけれど・・我慢して・・・

お昼は 手作りラーメン そして えぞをさんは おはぎも!!

春陽の射す 昼下がり・・眠いのを我慢して ユニセフ募金用
小物作りの 用意を。

さくら餅.jpg

 2013_02_21


南国の春

Category: 日記  



TVで 梅の便りを流している。 そう言えば夜半の厳しさは
あるものの 日射しの中に春がひそんでいるのを感じる。
白鳥の声にも それが感じられる今日この頃・・・

友人から 土佐文旦をいただく。 香りがお部屋中を満たす。

九州を放浪していた時 様々なみかんに会う。
買い求めては食べている内に、とうとうみかんで溢れて
眠るところが無くなる。 子や孫へ宅急便で送ったり
自転車や 歩きで旅をつづけている方に分けて上げたり
する。

ボンタン.jpg

しばらく香りを楽しんでから頂くことに。

今年は 私も樋脇のサワーポメロをお取り寄せしたいな・・
こちらでは、商店に並ばぬ みかんです。

 2013_02_20




起きて一番先にすることは、美味しいほうじ茶を入れること。
ゆっくりとお茶をいただき、ゆっくりと体を目覚めさせる。
それから 今日なんかは 相棒の胃がよわっているので
葛粉に、ほんの少し蜂蜜を入れ、しょうがも香りていどに
入れて、良く練り、木のさじで 胃に入れる。
ほの甘さが 体にしみて・・・いつもの豊かな時間が始まる。

SN画2.jpg

SN画.jpg

   S・N画  1996、11.21

ちょっと首をすくめながら・・・きょう選んだ詩は・・・ウフフ・・

    めらんこり

いっそパフでたたいた夜
おしろいだらけの家に二人だけ

メランコリレデイは火遊び好き
ホーコーズ(火鍋子)などいかがでしょう
キッチンの匂いがおまえの悲しみでぼくの痛みなら
夜もコンロは燃え続けることができる

ながいつららの季節は
誰でもたがい愛し合っている
かわいた風でも
きゅんとなぎさを吹くと
ホワイトクリスマスが声をしめらせ

おまえの淡い乳房に
みかづきの尾がはねる頃
祭壇に灯りを入れて
いけにえの恋を捧げるのいかがです
山羊を殺すのなどいかがでしょう

雪降りの夜なんか
かわいいお前に
毒を飲ませることなど気に入っている

    えぞを詩集  約束  より
           1962年発行

 2013_02_19




別に邪魔にしているわけではない・・・
今日は、えぞをさん ディケアの日。

動くものは 自分だけの空間に 何とも云えないやすらぎがある。
家の中が好きで、一人が好きという性格は 小さい頃から・・
それに、読む本があれば 至福の時!!

ゆっくりした気持ちで ほんとうに数十年ぶりで
詩集を手に取る。 絵は 娘がこの町に引っ越したときに
プレゼントしてくれたもの。

********************************
   
すばらしい子供

灯台の地でも暗すぎるのです。
流れて行くのは 
座標でもなく 櫂でもなく
老いた橇犬の息づかいです

ガラスをへだててはにかんでいる子供がいます
未来のために生まれた子供
濡れ髪をひたいに貼り
黒耀の瞳で戸口を見張り
こごえ飢えていても
すばらしい子供がそこにいるのです

めぐみの街のささやかな配慮が
呼びかけた時 すぐ応えねばならないと
信じて
雪つもるにまかせているのです
並木樹氷にうっとりしています

灯台は暗すぎたのです
子供に何が見えますか

ひまわりの種が
戸棚の隅で眠りをむさぼり
夜明けは風の落ちる頃
子供は樹氷の中に入っています
もう呼吸こそ永久にできませんが
あたらしい雪と氷に閉じこもり
待ちうける姿勢のままで
やさしい直線になっています

そして 昨日よりきょうは山に
きれいな雪が降っています

         えぞを詩集  約束  より

詩と絵2.jpg


詩と絵.jpg

SN 画 

 2013_02_18




01  « 2013_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.