頼まれる内が花と、作品展示を承諾してしまった。
結局摩周道の駅と、コンキリエの常設展示と、
人形の家ギャラリーと三カ所で、
作品展を展開することになった。

えぞをさんが退院したばかりで、側を離れられず
生徒さんたちが、デイスプレイしてくれる事になる。
「ダイジョウブだよ。」 「出来るよ。」と
私は、(心配していないよ)と伝える。

みなさん えぞをさんが大好きで、力になりたいと
思ってくれている。。。揺れるハート ありがとう病院

早く元気になって、また会場まで行こうねって話している。
足の浮腫がとれると、楽になれるのに・・。
今週から、プレドニン2錠になる。

百合咲きチューリップが咲いた。昨秋10球植えておいた。
チューリップだけは、裏切らずに咲いてくれるお花です。
百合咲きチューリップ.jpg

ちょっと変わり色・・植えてはいないので、一部先祖返りかな?
昨年咲いて 今年咲かない花色・・・黒と白
異色のチューリップ.jpg

ピンク色の花が咲くいちご・・まだ実は見たことがない。
赤花いちご.jpg

リシリヒナゲシ
リシリヒナゲシ.jpg

晴天です。 土いじりをしていると
顔から汗がポタポタ落ちて来て、ふと 父を想う。
首に手ぬぐい巻いて畑仕事をしていたっけ。
手ぬぐいの端で、したたる汗をぬぐっていたっけ!
良く働く父だったな~~

顔に汗をかくのは、父ゆずり。
逢いたいな~~夢にも出てこなくなって久しい・・

 2013_05_31




いつもたくさんの花がつく雪柳。 他の家のより白いと
みんなが言うので、きっと半日陰で咲くからかもしれない。

余り鬱蒼としているので、昨年剪定した。
剪定のしすぎで寂しげに咲いている。がく〜(落胆した顔)

ユキヤナギ1.jpg

 昨日、えぞをさんの希望で 一日早い退院をした。
体がむくみ、手のふるえもひどい。
いただいたクスリを ネットで全部調べる。
加重とも素人には思われる投薬に考え込んでしまう。
むくみも、手の震えも クスリの副作用と思われる。

働き盛りの子どもの生活を、これ以上おびやかしたり
迷惑はかけられない。

今朝、えぞをさんとこれからの闘病を、じっくり話しあう。
まだ、頭がしっかりしているのが 有り難い。

娘も、息子もそれぞれが、重い責任を負って職場にいる。
加えて 孫たちは 受験の最中にいる。心労はつきない。
私たちも通ってきた道。。。

思慮深いとは何だろう・・・窓外の雨を見ながら考えている。

 2013_05_30



えぞをさんから電話が入る。
診察時、Drに「退院したいと言ったから」と言う。
Drは 「家族の方の都合もあるでしょうから相談して下さい。」と

自分から退院したいと、言えたことが ほんとうに良かった!
しんどくなると 病院へ入りたくなるらしくそのたび私は
鬱状態になってしまう。

今回は 色々な体験を通し それはちょっとチガウナ。。。
と思えたのでは。。。

私の口癖は、
「死んだように生きているのではなく、生きているように生きよう」
それを貫いて生きて行きたいと決めている。

過日の入院では
太平洋南病院では個室に入っていたし、4人部屋に移っても
その部屋にトイレが付いていた。 呼吸器科があるためかも
しれないし。老人の入院患者が多いためかも知れない。

労災は 個人部屋にはトイレがついていた。
いま4人部屋で、トイレが付いていない。
一番トイレに近い部屋なれど、携帯の酸素ボンベに
取り替えて行かねばならず、それがやはり大変。
私たちも 夜暗い所では 酸素の目盛りも見えず心配している。

あさってまで、何事も起きません様にと 祈りたい気持ち

天気予報に反して 晴天! 

誰の上にも 幸せな時が流れますように。。。ハートたち(複数ハート)

ムスカリ。。えぞをさんと別海の道路脇から、少し摘んできて植えた
ムスカリ.jpg

シバザクラ。。藻琴山は きっとシーズンで賑わっているかな?
シバザクラ.jpg

 2013_05_28




いよいよ 春の使者・到来か?メール

いちどきに、花たちが、叫ぶ様に咲いているよわーい(嬉しい顔)

草たちも負けないで、生い茂っているのが・・ふらふら草むしりしていて汗があせあせ(飛び散る汗)シャワーに入って・・・さっぱり!そのあとビールは飲まないexclamation×2

多分今夜も冷えてくるのでしょう。。
温度差をうまく調節する達人にならなけりゃ~道東には
住めないと思う。 

えぞをさんから電話あり。電話婦長さんからどうでしたか?と訊ねられ(外泊について)
「快適でした」と答えたそう・・・この季節うさぎ小屋にいるのは
もったいないー(長音記号2)

セーコーマートのコマーシャル 「メロンクリームソーダー」
今日発売のコマーシャルが店内を流れる。
北海道産のメロンを使用・・えぞをさんがいかにも好きそう!
メロンソーダー発売日.jpg

サーモンピンクのチュリップが三輪咲いている。
この色は植えた覚えがないので、何年かの内に変化したのかも。
サーモンピンクのチューリップ.jpg
私にとっては、小さなころ食べたアイスキャンデー色。

繁殖に一生懸命な佐渡の方たちにとっては、「とき色」

女性の好きな色。

 2013_05_27




外泊中のえぞをさんは、家の空気にとけ込んで何気なく
過ごしている。 足が特別弱っている様子もない。

10時には、静かに眠り、5時には起きていた。

二人でいても お互いに、空気みたいな存在・・・

今朝は、いま私がはまっている食べ物で Oちゃんの
焼いてくれたパン?・・を食べた。

****はまっている食べ物。*********
ハムに、トマトと水菜を乗せ、よく熟れたクリーミーなアボガドを
スプーンですくい乗っける。ハムごとくるっと巻いて
大きな口を開けて (コレガ・コツ)食べる。
調味料は無しで ハムの塩味だけでね。
*************************************キスマーク

夕べ 色々考えて jijibabaメールは休眠中で楽にしているので
今度は フェイスブックを閉じた。娘も閉じたと言う。
私もやはり 同じ理由で閉じることにした。
ちょっとしんどくなってしまったのだ。。。

残したのは 当初の目的のとおり、このブログだけ~~

Nくんは、朝訓練?のためもう出かけてしまっている。
6/30日 サロマ湖100キロメートルウルトラマラソン
に出るためだ。
昨日に続き Nくんの撮ってきた写真を

道東のいまの 花たち  エゾエンゴサク白 めずらしい~
 エゾエンゴサク(白).JPG

ミヤマエンレイソウ 図鑑で検証しました。
ミヤマエンレイソウ.JPG

フッキソウ
フッキソウ.JPG

エゾヘビイチゴ
エゾヘビイチゴ.JPG

2013 5/25 N/N 撮影

 2013_05_26



Sちゃんと 一泊の、外泊許可のおりたえぞをさんを迎えに行く。

でも まだパソ打てないので、野の花が代筆します。


子ガラスの巣が 入院病棟5Fの外壁にある。
そこは、鉄筋格子で頑丈だ。

また コンクリートの床面をしきりに羽虫が飛ぶ。
コンクリート面に敷いてあるジャリ面にほこりが積もり
そこで虫が生まれたのか?

地上に住んでいる私には、虫と言えば蝶かトンボだが
良く気をつけて周囲を観察すれば、新たな発見の日々で
あろうか。

大向日葵 ミルクかかえて 独歩の幼
                (どっぽのこ)

余花も10輪 妻の挿し木を ひとが見に

白南風は 敵か見方か 玉ころがし
(しろはえは)

香水や 領事館街 夕湿り

サフランに 陽の当たり入る 二三歩や     えぞを

************
Nくんが えぞをさんに、「やっぱり家がいいでしょう?」と訊ねたら

「そうだな~(病室は)うさぎ小屋みたいなものだからな~」

「それに、いまは老人施設が ウサギ小屋みたいになっていて
10数万取られるらしい・・」 ケア付き居住空間をTVで
見たのだろう。。
確かにウサギ小屋だな~~と私も思う。

えぞをさんを見送り 病んだ私は、ウサギ小屋で逝くのかもしれない。

フェイスブックでの私を知っている人が あの年齢で
ブログや フェイスブックなどに参加していることが
話題だったと言う。
でもな~~ 私の所属している jijibaba メール~では
毎日30近いメールが全国から発信されていて
様々な工夫を凝らしたメールが飛び交っている。
そこで 野の花は 若年ナノダヨ・・・

若い人には負けないパソやその他、いまどきの、色々な機種を学び
本まで出しているし あ・あ書き出したら止まらない~~

いまどきの 若者やおじさんは 昭和の時代を知らないし
戦争を体験した世代は 語る言葉も違うのだよ。

プレスリーやビートルズを 葬送曲に選ぶ世代は
いまの時代を老人として生きているけれど、
新老人で、真っ直ぐ社会を見 若者を観ているよ。

100㌔マラソンに出るために、風邪もなんのその・・
走り続けているNくん。
それで京大演習林が花盛りで撮ってきた。

エゾエンゴサク.JPG
少し色が薄い エゾエンゴサク。葉や花色に変化の多い植物。
N・N 撮影
* エゾ○○という花の中 全く違う花に見えるほど
  エンゴサクとは違う  コレ・・チョット自慢ですネ









 2013_05_25


野の花

Category: 押し花  

釧路川からの風が冷たいが 野の花摘みを
生徒さんたちと・・収穫あったよ~~

土手の野の花.jpg
左から~ショウジョウスゲ ヒメスイバ ショウジョウスゲ
ヒメスゲ  間違っているかも知れない。
スゲの判別は特に難しい。 ヒメスイバはこの位の
大きさだと 押し上がっても 花があまり散らない。
このほかに つくし、アイヌタチツボスミレ ヒメイチゲなど
わずかだが採集できる。

つくしシリーズで ハガキ コースター しおりと作る。
野の花作
押し花の日 001.jpg

Yさんが ルピナスの葉っぱのきれいさに気付き
彼女はそれを使い涼やかな作品作りをしている。

押し花の日 003.jpg

押し花の日 002.jpg

Tさんは 作品会場の摩周に住んでいて
小物が足りなくなると教えてくれる。

毎回募金箱を開けて、管理してくれているが
25日間で、57,000円ほどになった。 ありがたいことだと思う。
このお金が きっと誰かのいのちを守るのに役立って
くれますようにと、祈りを込めて 作っています。

えぞをさん 4人部屋に移ったと言うことで、
トイレの心配が起きています。 特に夜はころばぬ様にと
心配です。明日は外泊が出来ますからね~。

 2013_05_24



久し振りの美容室。 とても丁寧にパーマをかけてもらう。
変身したかな?というとそうでもなくて、いつもの通り
くるくるパーマで、手櫛でささっと風を通して
お仕舞いと言うスタイル。もうはやらなくなったけど
これが一番手間いらずで、白髪も目立たないと
不精者は考えている。N子さんに送迎してもらう。
行きは晴れ・・・帰りは雨・・

Sちゃんが来て、ウニの瓶詰めとこなごの佃煮
持って行ってくれる。せきがついたと言うTELだったので
外泊許可が下りなかったか?病院からは何も言って来ない。
いつもみんな・・胸の中が痛い。

黄色のチュウリップが咲くと~さいた・さいた♪の歌が
心内に流れる。小さな頃からそうだった~~♪るんるん
黄色のチュウリップ.jpg

シレネは 薄いピンクも白も咲く。一番手はこの色。
シレネセリーナ.jpg

マーガレットの八重咲きは初めて植える。
八重咲きマーガレット.jpg

 2013_05_23




嬉しいことは重なる。 まず *:さくら:*咲いたよ。手(チョキ)

昨年友人から苗木を頂く30センチほどの高さだった。
ぐんぐん伸びて秋には1メーター近くになり
無事越冬して、11輪のチシマザクラが咲いた。かわいい

チシマザクラ.jpg
花経は小さく花色も薄いピンクだけれど、低く咲くので
押し花にしやすいかな~~ えぞをさんにTEL・・exclamation×2びっくりしていた。

次は*:裏庭にシメが来たよ:* 手(チョキ)

娘と電話中だった・・「ぁ・シメが!」と私
「写真撮って~」とSちゃん。

で・・
「きれいに撮って下さいね」と シメちゃん
シメ1.jpg

ピントがあわず「 頼むから動かないで~」と私
「後ろ姿もカッコいいよ~」と シメちゃん

シメ 006.jpg

心許ないな~~その腕 たしかかいあせあせ(飛び散る汗)
シメ 009.jpg

で・・
飛んで行っちゃったわ~~あせあせ(飛び散る汗)

図鑑で、調べると 雄・・繁殖期でくちばしが鉛色になっている。
大雪山で見た時は、くちばしが肉色だった。

*;そばかすすみれ:* OHふらふら
カメラ新しくして良かったわ~手(チョキ)
ソバカススミレ1.jpg

庭石の隙間に咲いているよexclamation 遠慮しなくてもいいのにネ
ソバカススミレ.jpg

そして *: オキナグサ :* 白 手(チョキ)

株もなかなか大きくならず、たった一輪咲きました。
毎日励まして お話したからね。

シメ 018.jpg
オイオイ 蟻くん フリーダイヤル

私の庭は小さいけれど その分 一花 一花 会話が出来る。
花ことば 紡いで今日も しあわせと思う。

*: 外泊許可 :* えぞをさんの心が動いた。手(チョキ)
土曜日~一泊の願いを伝えに 息子Nくんが病院へ
行っています。
Drの許可が下りるといいのですが・・一昨日から
止血剤は 点滴から投薬に代わっています。

お花も、私もまってるよ~~ムード

 2013_05_22



天気予報がはずれて 晴天~かわいいこんな嬉しいことはない。
肥料と鹿沼土を混ぜて花壇へ入れる。 うらの花壇は、
北向きなので、こけがびっしり覆っていて放っておくと
お花が窒息しそう・・・越冬できずに芽が出てこなかった
お花が有るように思う。
ローマンカモミールの芽があちこちに一杯出ている。
えぞをさんの一番好きなワスレナグサも 沢山出ていますよ。

朝露に空が映っているよ! アルケミラ・モーリス
春よ 001.jpg

イヌナズナ・・人間のおごりが名付けた名前ちっ(怒った顔)
食べられないから・・ですって。
♪.jpg
押し花コラージュ・・・種が音符になるよ

トモシリソウ・・・根室友知で発見されて。
トモシリソウ.jpg
白の中の白で咲くわ~押しても白さは変わらない。


 2013_05_21




04  « 2013_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.