どうしても気に入らない作品があります。
でも 見捨てることも出来ない・・思い入れがあるのです。
三回目の作り直しです。
北の美術館
北の美術館.JPG


ベロニカです。 上の絵の中、左端の中央ぐらいに 使用しています。
ベロニカ.JPG


ラムズイヤー お花としてはあまり綺麗で無いです。
ラムズイヤー.JPG


されど・・です。 これが無ければ困っちゃうな~
バイオリン弾きのうさぎちゃん.JPG


うさぎちゃんの耳になりました 


何ともな 芒がもとの 吾亦紅    子規

さしそへて 淋しき花の 吾亦紅   鷹女

ワレモコウ.JPG

えぞをさんが 少し血を吐く・・すぐ止まりました。

「病院にいるから、安心してるんだ・・」とえぞをさんが 言いました。
「そうね」と私。今日が無事、終わりました。

 2014_07_30



「昼時間 お弁当パパの所で食べたの」
「そしたらね 今朝ママ元気がなさそうだったから 様子を見て来てくれないか」
って言われたの・・ と娘が大急ぎで来て 言いました。

そう言えば 朝が苦手な私は、いつも朝は元気が無いのです。
コートリル飲んで30分くらいすると 何とかなるんですけどね。

夕べは 寒くて 夜、電気毛布を高温にして入れて そのまま眠ってしまったのでした。
朝気がつくと 口の中も目も、皮膚もカラカラ・・・
眠っている内にスルメになっていたんだわ~~
「睡眠中に熱中症になるよ~」 「はい 気をつけます」と私。

シャスターデージー の季節が過ぎて行きましたね。
シャスターデージー.JPG


次の登板は 私よ・・とコスモスが! 経が10センチにもなります。
コスモス.JPG

チョコレートコスモス  チョコモカ
チョコレートコスモス1.JPG


上と同じ根から咲いていますが、気温で色が変化するそうな。。
チョコレートコスモス2.JPG

病人に 心配されるって・・どうかしてますね。

アストランチア・ スノースター 存在感薄いようで よく見ると繊細
まるで 私のよう・・ウッ・シ・シ・・・
アストランチア.JPG

明日は 今夜作った (ひりゅうず)持って 会いに行きますね~。

 2014_07_29



霧雨の中 アポイギキョウが咲きました。夕べの強い雨のため 白く抜けている部分もあります。
アポイギキョウは 日高山脈系の一つ、アポイ岳に咲く花。
高山植物ですから 背丈が低く咲きます。25~30㎝くらいかな~
アポイギキョウ.JPG

草だらけの花畑に 詫びを入れて 今日のユニセフ募金活動のために
押し花作品展会場へ 向かいました。
ユニセフ.JPG


会場で 旅人と押し花栞を作ったり 説明して買って頂いたり
帯状疱疹のことなどすっかり忘れていました。

たくさん買って下さった 山梨からの旅人です。
ご本人様の了解の上の写真です。
募金協力者.JPG

あなた様の あたたかな心 忘れません。

帰ってきたら 息子が えぞをさんの所へ なすびのお漬け物が
食べたいと言われて 持って行ってました。

病衣が 肌にカサカサして痛いので パジャマにすると言われ
今度は娘ファミリーが行きました。ミスタードーナツを4人一緒で
食べるんですって!(フ~ン・・)

今日のユニセフ活動を知っていて 朝8時と夜8時の約束メールも来ません。
野の花は、えぞをさんに今日は 無視されています。もうやだ〜(悲しい顔) 

携帯電話の 家族間の通話もCメールも無料はうれしいですね。
毎日8人の家族が何かしらの用事で メール交信をしています。

人を 家族をつなぐメールに カンパイ
明日は、一日寝ています。

追記・・アポイギキョウのうちわは、¥500で売れましたヨ~

 2014_07_27



えぞを入院中なので、野の花が代打?です。
入院前に 置いて行きました。

************************

刻きざむ 時計 一人静かかな

ひまわりが 円周率を 考えている

釧路涼し 手紙に住所 書き忘れ

オブラートに 木漏れ日点々 番外地

*************************えぞを

昨日 皮膚トラブルで 釧路の病院まで行きました。予想通り 帯状疱疹でした。

色々な注意を受けましたが 頭が良く回りません。
帯状疱疹はこれで二回目です。 
手や 胸のポツポツは 湿疹で二通りの治療です。

介護は いつもどちらが先か?をはらんでいますね。
ケアマネージャは そう言えば 私の顔を見て えぞをに入院を
勧めたのでした。 ほんとうに大切な仕事をしているのですね~~

昼食は いつものプリンスホテル17階のバイキング。
最後に飲む 「霧の紅茶」がとても美味しいのです。
プリンスホテル.JPG


17階から見える 釧路川が いま154㎞の旅を終え・・太平洋にそそぎます。
行く川の水は絶えずして しかも本の水にあらず・・・
釧路川.JPG


帰り道の車窓から・・シラルトロ湖 
グリーンの縞は 菱の実が 湖面を覆っているのです。
シラルトロコ.JPG

 2014_07_26



ケアマネージャーの勧めもあり、今日えぞをさんは入院
早速水分補給の点滴を受け始めました。

クリニックの限界と言われて そろそろ選択が必要でもありました。
町の病院は 歩いて15分くらいかな~ そこならチョクチョク孫も子も
私も会いに行けます。

娘も 息子も 学期末を迎えていて 今回は私が頑張るしかないと決めています。
でも なんだろう? この暑さは!

この小さな町の市街地は 釧路川に二分されていて、橋を渡らなければ
何処にも行けません。
釧路川.JPG


いつも、其処にある川は あまり気にもならず 見る事もあまりないのに
決まって立ち止まる時は 何かこころに思うことの有るときです。
「行く水のながれは 絶えずして、しかも本の水にあらず・・・」
大好きな 鴨長明の方丈記の名文を 思い出すのです。

病院の玄関前の 石垣に ひっそり咲いていました。
イワウメです。 白は哀しい色ですね。
イワウメ.JPG


 2014_07_24



いつも何かしら 手作りが好きな 野の花です。
今日はそろそろ化粧水が切れて来ましたので ハーブ化粧水を作ります。

とても参考になる本です。興味のある方は クリックして大きくして見て下さいね。
ポケットに入る大きさです。
ハーブ本.JPG


花を 摘んできました。 最後のカモミールです。まだ虫が付いていませんので
生花を使用します。 
ローズは ハマナスの虫の食っていない花弁を選んで来ました。
とても良い香りです。
ローズマリーは 苗を求めて植えましたが、なかなか大きくなりません。
以上三点を使います。今日は 生花を使いましたが、ドライでもOKですよ~
ハーブ.JPG


消毒した瓶へ入れます。 量は 適当と本に書いてあります・・
ハーブを瓶へ.JPG


純米酒を入れます。 細い瓶に入っているのは 使用中の化粧水です。
だいたい一ヶ月くらい 冷暗所に保存します。 ハーブが茶色になり
液もこんな色になったら 漉して下さい 必ずガラス瓶に。これ100ショップで
見つけました。日本薬局方で グリセリンの小瓶を買い、数滴入れてます。
(肌がかさつく方へ) 必ず冷蔵庫保存です。冷たくて肌に心地よいですよ。
ハーブf化粧水.JPG
沢山出来るので 湯上がりに惜しげ無くどーぞ!わーい(嬉しい顔)

そうそう アルコールが肌にきついかな?と思われる方は、ちふれ化粧水の
パック詰め ~~価格の安い方で しっとりと書いてあるものを選んで 割って使用しても良いです。
今日選んだハーブの特性は 本や ネットで検索して見て下さいね。きっと納得です
もちろん 男性にもお勧めです。


このザルは 優れものでした 今日はラベンダーを刈り込み干します。
えぞをさんの枕と 車の中へ入れて一年間 楽しみます。
らべんだー.JPG

 2014_07_20




蝉の命は短いと言うのに、幹に見つけると直ぐ捕ってしまう。

木のてっぺんや、枝先で鳴いているのは、登ってでも捕らえようとする。
近くに寄ると、子どもの眼から逃げるように、枝の裏や葉の陰へ廻って
鳴き続ける。

羽が美しい。お腹の共鳴板を見たい、脚の力が強い。細かいトゲが、いっぱい
付いていて、胸に飾ると勲章になるし、結構魅力的な昆虫なのだ。

或る日、父が枝へ手を伸ばして捕まえてくれた。早く死んだ父なので、
長い間忘れないでいる。

我が子と孫は 北の都会育ちなので経験が無く、たまたま夏油温泉へ行く途中に
立ち寄った北上市のミュージアム~鬼にまつわる物だけ収集した 
「鬼の館」の大木で見つけたのが初めてである。

太い樹だったので、生まれたばかりの蝉や空蝉がたくさん付いていた。
その孫もいまは大学、高校、中学生になって忙しい日々を送っている。

*******************

金輪際 黙す菩薩や 蝉しぐれ

星月夜 水の妖精 舟を漕ぐ

鬼の館 芙蓉散華の 風の中

屈斜路の 雲いっぱいの レタス籠

緑陰に 座敷わらしも 居たりけり
                  
************************えぞを

****************野の花記

カモミールを 天日に干してます。
このあとでは、虫がつき お茶にしたり、化粧水など作れません。

カモミール.JPG

 2014_07_19



9回目の 道の駅コンキリエでの作品展が今日より始まりました。

コンキリエの従業員のみなさま、生徒の息子さんの助けを得て
開催することが 出来ました。

思えば 様々なことがあり、今日まで 私が14年間も押し花をつづけて
こられた事は とても不思議にさえ思われます。

この先 どのような進展があるのでしょう・・少し不安はありますが
花に導かれ 肩から力を抜き あるがままを受け止めて 花ものがたりを
綴って行きたいと思います。

今日の厚岸海岸・・コンキリエ・レストランからの眺望
厚岸港1.JPG


赤い橋が、海と湖との境界線
厚岸港2DSC04681.JPG


道の駅の中は 入館すると大きなホールになっています。
時々コンサートがあったり 軽食が出来るようになっています。
そのホールの真ん中に大きな円形の柱が立っていて その回りを
囲むように、作品展示がなされています。
コンキリエ・ホール1.JPG

コンキリエホール2.JPG


こちらの面は、冬バージョンで 冬景色のみです。
コンキリエホール3.JPG


コンキリエホール4.JPG


コンキリエホール5.JPG

50点ほどの作品に 様々な小物が 展示されています。
お客様から 葉書や栞 ガラスのオブジェなど 売って下さいと頼まれました。

「やはり ユニセフへの募金活動は 自然の流れの様です。」

こうなったら 覚悟しなくてはと ユニセフ道東支部へ連絡しました。
意図しないことでした。思いがけずの展開になりました。

さあ・明日へ向かいましょう!!

 2014_07_18


通院疲れ

Category: 庭の花  

えぞをさんの 定期検査、昨日のこと。
いつもの血液検査では血管が出ず とうとう足から採血をしました。
血小板の数値が低く、間もなく色々の所からの出血が見られるでしょう。
もうクリニックの限界と、Drに言われました。

紹介状を持って、労災へ行き 長い時間待たされて、診察は4時になっていました。
こちらでの血液検査では 異常が見られず、またクリニックへ
の診療をと言われました。 嬉しい結果でしたが
クリニックでの血液検査の結果は 何だったのでしょうか?
何だか狐につままれたようとは、こんな事を 言うのでしょうか・・。

あさ8時に出かけ 投薬を受けて帰宅は もう6時になっていました。
疲れはててしまいました。
分かったことは、いまを維持していくことが、最良と。
 
また何かあったらいつでも来て下さい。の言葉に救われる思いです。

今日は 二人ともへたり込んでいましたが、ここで、心まで
負けてしまったら おしまいと奮起して 起きだし、孫との約束の
ラスクを焼きました 
 

遠くから買いに来るという ピーターパンのお店で 
フランスパンを買いました。 初めてにしては美味しく出来たかな?
ラスク.JPG


庭の花ッチ
ボリジ (ハーブです)こぼれ種から咲きました。
ボリジ2.JPG

青さが透明で お花を紅茶へ入れたり ソーメンに飾ると食欲が出たりです。
ボリジ1.JPG


葉が 美しい フイリミツバ
フイリミツバ.JPG


アスチルベ シロ
アスチルベシロ.JPG


アスチルベ ピンク 捨ててあったのを拾って育てました。
アスチルベピンク.JPG

わずか 経3㎝の世界・・まるで薔薇のようでしょう?
ベニバナキジムシロ 八重咲き
ベニバナキジムシロDSC04639.JPG

クレマチス・・レペンス・・
クレマチス1.JPG

下向きに咲くので 写真撮るのが難しいな~
クレマチス2.JPG

 2014_07_15



列島から 台風が抜けたようです。晴れ
晴天に恵まれて 運動会 ぴょんぴょんちゃんは 徒競走四位
小学生の時は、足の速い子に、いじめられていたけれど
彼女がトランポリンで、全国大会に出場したり、新聞に写真が掲載されたり
しているうちに 仲間はずれはなくなったよう。。。
きれいな落ち着いた声で アナウンスを担当していました。

中学運動会.JPG


20分ほど 見て来ました。(父娘です)中3の息子と
Tシャツが お揃いなんだよと報告しています。

中学運動会 (2).JPG


帰りに 里山の入り口に咲く野の花 撮りました。
いま、カラスが子育て中と見えて、襲いそうな勢いで鳴きます。

セイヨウノコギリソウ

セイヨウノコギリソウ.JPG


トリアシショウマ

トリアシショウマ.JPG


ヒレハリソウ (コンフリーとも)

ヒレハリソウ.JPG


スベリヒユ

ススベリヒユ.JPG


エゾノシモツケソウ 

エゾノシモツケソウ.JPG

比較して見るため、再登場・・キョウカノコ・・葉も匂いもそっくりさん


キョウカノコ.JPG


オオハナウド


オオハナウド.JPG

 2014_07_13




06  « 2014_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.