藍色の湖

Category: 日記  

三日坊主の私に代わって 五日坊主のえぞをがスムージー作りにはまっています。

リンゴ・バナナ・みかん・ブロッコリー(茹でたもの)
スムージー.JPG

飲んでから 眼鏡が家の中用に もう一つ欲しいと言うことで出かけました。

太陽が燦々・・久しぶりに藍色で覆われている塘路湖です。
塘路湖1.JPG


来ています! 白鳥も子連れですね~子どもは汚い?色なのです。
白鳥.JPG
望遠ぎりぎり・・左から二羽目と三羽目が 子どもです。


うん? 笑って下さい。小さい黒点が オオワシですm(_ _)m 
この空にオオワシのくちばしの黄色が鮮やか!黒点写ってないわ~
おおわし.JPG

眼鏡を注文して 私の冬のコートを二着 どちらがいいか 迷うときは
二つとも買う!とえぞをさんの一声・・断捨離はかけ声ばかりか
それから 今冬のコート色に合わせて 靴も・・

帰りに見た 雄阿寒岳
雄阿寒岳1.JPG

雄阿寒岳2.JPG

そして私は かやぬま温泉に入り えぞをはレストランで
串カツを食べて 待っていてくれました。 
萱沼温泉.JPG

外は露天風呂・・陽が傾いています。これが私達の一日でした。

 2014_10_30



厚岸埠頭・・釣り人無し
厚岸埠頭.JPG

もう一つの幸せ家族に 会いに行きました。

海の町に生まれ育った 彼女は 美しくふんわりとした雰囲気を
持っています。 どのようなご両親に 育てられたのかな?って思うほどです。 
誰にもない温かい優しさを 生まれた時から持っていたように思います。

実は 道の駅コンキリエの スタッフなんですよ。
毎年 彼女に支えられて ユニセフ募金が行われているのです。

感謝を込めて 結婚祝いに 押し花額を差し上げました。
それを見た 両方のお母さんも 伯母さんまでも 欲しいと言われて
それが とても嬉しくて・・・

勇んで作った額です。 四ツ(35×42.5) 
アネモネ・ローマンカモミール・ヒメウツギ
Esann2.JPG

ガーベラ・ニリンソウ
Eさん2.JPG

薔薇 カクテルと ピンクと白は ハマナス・ハートカズラ
Esann1.JPG

ご本人の 了解を得ております。 月並みな言葉ですが
いつまでも どうぞお幸せに。

 2014_10_29


幸せ家族

Category: 日記  

厚岸(あっけし)に向かう途中 タンチョウに出会いました。
子どもの写真を撮る しかも きょうだいを撮るのは初めてのことです。

タンチョウは通常 2コの卵を抱卵しますが たいてい一羽のヒナしか
育ちません。 何らかの原因で淘汰されるのでしょう。
ですから 4羽の親子に出会えると こころから嬉しくなります。

首から上が ベージュ色です。
こども1.JPG

大きさは 親に近づいています
こども2.JPG

 きっとトウキビ畑のこぼれ実かしら? 餌を絶え間なく拾っています。
親鳥は 特に母親は痩せて 子どもの体型ぐらいしかありません。
家族.JPG


無事二羽とも育って欲しいですね。
なかよし.JPG


到着した厚岸の海はしけて 岸壁を波が洗います。
厚岸.JPG

用事をあとまわしにして、売り切れてしまわないうちに
駅弁を買いました。 駅舎の前に こんな建物があり、中でも食べられます。
駅弁1.JPG

駅弁って 遠くへ行けない私たちに 旅の日々を思い出させてくれます。
駅弁2.JPG

荒海を見ながら 駅弁食べました。 カモメがキラキラと光って見えます。
海は癒やされますね~ 明日へつづく。

 2014_10_28



この頃 自分で打とうとしないので怒っている野の花です。
すぐやめる って言うしね。 

仕方ないっていつも折れるけど・・これ思いやりでも何でも無いよ!

********************

白秋や 時のかけらを 木に残す

賜りし 落ち葉の午後の セピア色

太陽に 黒点ありや 雁渡る

短日や 陽の神殿に 火を放ち

********************えぞを

寝てばかりいるので・・もうパジャマ着てるし ちっ(怒った顔)

**************************

今日は 畑のファッションショー を載せて 気晴らししよっと

今流行の・・
かかし4.JPG

イケメンでしょがく〜(落胆した顔)
かかし3.JPG

流行の赤を取り入れてみました
かかし2.JPG


かかし1.JPG

お後が よろしいようで・・

 2014_10_25


文化祭

Category: 日記  

修学旅行の孫が 帰ってきました。
お土産は 名前入りのお箸ですとってもうれしいです。
お土産.JPG

小さな町の文化祭が 日曜日まで開催されます
草月流 やはりこの流派が好き。空間に活けられた花ッチ
”文化祭3.JPG


午前中の受付当番でした。 一番見学者の多い時間です。
”14文化祭.JPG

文化祭7.JPG

文化祭4.JPG

これが終わる頃 一段と寒さが強まり 晩秋が初冬へと移っていきます。

 2014_10_24




外側から見るとこんな具合です。
湿原1.JPG

釧路へ向かう列車の中、寒かったので 9月がお勧めです。
ノロッコ号2.JPG


釧路川が大きく蛇行して 列車はゆっくりと走り
ガイドさんの美しい説明が入ります。
釧路川2.JPG

釧路川1.JPG

湿原.JPG

岩保木水門・・洪水のため作られた 後ろに見える木造の水門は
歴史的建造物として 登録されています。
前が 新しく建てられた、岩保木水門。
此処から下流は 釧路川 新釧路川と別れ 二つの川が
太平洋へとそそぎます。
岩保木水門.JPG

エスカレーターを二度登って 地上へ出ます。
とても緊張しました。 駅は大変な混雑でした。
車椅子の方も見受けましたが、この駅にはエレベーターは有りません。

駅に入ると 必ず寄って買う おむすびやさんー
おむすび.JPG


向かい合わせの指定席 温かなお茶で一息 昼食です。
おむすび2.JPG

翌日 ようやく起きだしたら・・えぞをは すでに着替えて
毎朝飲む ほうじ茶を入れて新聞を読んでいました。
ナント言うことでしょう。 私はヨレヨレ~~。

以上が 他の誰にもナイショの こっそり旅の一日でした。

 2014_10_23



一度は 電車の中からの湿原を見せてあげたいと 思っていました。
電車の中からしか見られない 湿原の姿があるのです。

しかし 駅にはエスカレータもエレベーターも無いのです。
歩道橋は 弱者の味方ではありません。

所が ネットで調べると 何とかなりそうな駅も有りました。
普段は無人駅ですが、湿原ノロッコ号が運転している間は
こんな方々がおられます。 ボランティアさんかな?
塘路駅.JPG

 えぞをも酸素を引っ張りながら ホームからホームへと移動可能です。
塘路駅2.JPG

関西方面のツアー客がかしましく・・(ゴメンナサイ 楽しいのよね)降車します。
待ち受けている阿寒バスへ乗り込みました。羅臼(らうす)へ行くのでしょう。
神戸団体.JPG
降りていらした方は 案の定 65才~75才位かしら・・
若者の姿は 殆どありません。 


折り返し運転で ノロッコ号は釧路へと向かいます。
ノロッコ号1.JPG

えぞをは この路線に乗るのは 45年ぶりです。
釧路駅の中に入るのさえ 10年ぶりの事なのです。

私は えぞをの体調を気遣うあまり 景色もよく見られず
写真も 全く あれ~と言うのばかりです。 あしたへ つづく・・

 2014_10_22


保存食

Category: 日記  

無人駅から乗るための切符を買いに駅へ行きました。
えぞをは障害者の一種なので 公的な機関へ一人では乗れないと学びました。
うかつでした。 一時間間違えてしまい 無人駅から出る電車は
もう出発する所だそう・・

残念がる私を 明日があると慰める えぞをさん。

残念なことばかりで無く 嬉しいことも有りました 
お漬け物の時期に格安で ショウガの大袋入りが出回ります。
ショウガ・・・この違い 私には分かりません。
掘ったばかりと 干したショウガとの違いでしょうか?
どんな葉をしているのかも知りません。教えて下さいな。
ショウガ1.JPG


きれいに洗い 新生姜はそのまま。 土ショウガは皮をむきました。
それから どう違うのか 紅ショウガを二ビン分けて作りました。
紅色は 梅漬けの時の あまった液です。
紅ショウガ.JPG


干してからが良いとブログで読みましたので、スライス後 干しています。
二日ほど干して 蜂蜜につけこみます。
しょうが2.JPG


手前が無農薬レモンの蜂蜜漬け  後ろが かぶのラッキョウ酢漬け!
れもん.JPG

何だか工作しているようで 楽しかったわ~
「終わり良ければ 全て良し」 ですね! 明日は間違えないわ 

 2014_10_20


もみじ散る

Category: 樹木  

修学旅行へ出発する孫を見送るために
早起きをしました。 早起きは三文の得とか・・
寒さは零下4.3度で、今秋 二番目の冷え込みなのだそうです。
車のフロントガラス
霜1.JPG

霜枯れて
霜枯れ.JPG


日が射すと 元通りになる強さを持っていますね。
霜3.JPG

昨日のもみじは 何の木でしょう?という 質問に答えて。
もみじ2.JPG
図鑑を携えて 行って来ました。歩くと埋まるほどの落ち葉です。
でもさっぱり わかりません。樹木は難しいです。 

絞ってみて ヤマモミジ、イタヤカエデ かな?と・・
それにしても葉の色が違い過ぎですね。

強い霜が降りましたので もみじも こらえようが無く
風が吹くと 舞い散ります。 もう・・秋の終焉でしょうかねぇー
もみじ1.JPG

ちょっと始めた事があって、そのためか、えぞをが元気です。

 2014_10_19



怪我のため二ヶ月近く休んでいたリハビリへ行った。
以前より人数が減っていたが、高齢者の世界はそんな物かもしれない。

女子中学三年生が二名 社会科研修で来ていた。
(孫は 図書館へ行っている)
それぞれが希望の部所を選んで 参加していると言う。
私たちの質問に はにかみながら応えている。
いまは 高校進学を考える 大切な時期
それぞれの夢に向かって 歩いて行って欲しいと思う。

リハビリーの帰り、バスの中から 通学路の街路樹の美しさに
みんなから 感嘆の声があがる。 
この美しさに生徒たちは 気がついているかな?
通学路2.JPG

通学路1.JPG

**************************

秋の虹 百戦錬磨の 鴉濡れ

北風(きた)の汽車 人振りこぼし 振りこぼし

落葉の(からまつの) 鋼(はがね)のごとく 枯れし意志

***************************** えぞを

 2014_10_18




09  « 2014_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.