息子が小さい時に将棋を教えた。 男の孫にも将棋を教えた。
孫は必ず 指す前に「お願いします」と頭を下げる。
誰もそうしなさいと言ったわけでは無い。

その孫とも将棋を指す時間が取れない。往復2時間半の通学、
空手の部活もあって 致し方ない。
その孫から 「スマートフォンに取り替えました。番号の登録をお願いします」
とメールが入った。 これで孫・子みんなスマートフォンになった。
妻に 「スマートフォンにしたら?」と言ってみたら・・にべもなく断られた。
密かに借りる夢が・・ついえた。

     *************************

     
     リラ冷えの愁いの町に住み久し

   リラ
   ライラック


     夏萩や風の飛びつく犬を飼い


     夜泣き児の歯が生え豆の蔓伸びる


     チゴユリ
     チゴユリ


     老いし身の背中押さるる薫風裡

         ***************** えぞを **********

     スズラン
     スズラン


     キミカゲソウ・・と書いてみたくなり・・     
     キミカゲソウ

シバザクラとスズラン・・侵入者はスズラン
スズランとシバザクラ

明日は シバザクラを見に 網走へ。流氷ガラス館へも。
 2015_05_30


お買い物

Category: 庭の花  

久しぶりに釧路へ・・日常品が切れたのと 食料品の補給と。
えぞをが 「今日は大丈夫行けるよ」と心強い言葉に感謝して。

シラルトロ湖 
シラルトロ湖

?のスポーツ正式名称分かりません。まだ水冷たいんですが
何?

無事帰り ほっとして庭の花ッチに挨拶
ニワウメ
ニワウメ

富士明神・・誰が名付けたの?
富士明神

レベッカ・・納得の名前
レベッカ

亀さんみたいな アサギリソウ・・朝起きてみたら
ノソノソと・・歩いて何処かへ・・なんて 
アサギリソウ

 2015_05_29


森へ

Category: 野の花  

花市のチラシが入った。 これから10月頃まで
スーパーの前庭に小さな花木の市が 月2回くらいたつ。
何か欲しいと・・つい思ってしまう・・もうお世話は出来ないから
止めておこうと思って居るにも関わらず 花は魅力的だ。

しかし本日の花屋さんの大きな声に圧倒されて買うことが出来ない。
大声に 自分の神経がいかにもろいことか・・早々に引き上げる。森へ行こう。
花市


森の入り口は倒木で塞がれている。いかに風雪が厳しかったのか
倒木の数が例年より多い 生身が裂かれて倒れている
     倒木

緑のニリンソウがあったはずと捜すが 森は荒れて倒木の下
見つけること出来ず。
ヤマブドウ
ヤマブドウ


     入山を諦めて 京大の研究林へ向かう。
     クサノオウ
     クサノオウ

     エゾノクサイチゴ
     エゾノクサイチゴ

エゾノタチツボスミレ・・一面に咲いている。白花もある。
エゾノタチツボスミレ1

     野の花は巧まず、大声も張り上げないから 徐々に癒やされていく。
 2015_05_28


行く春

Category: 庭の花  

春を代表する花と言えば スイセンは外せない。
今年最後のスイセンが今朝 開いた。
ウエディング
ウエディングベル

コーラルライト
コーラルライト

モナル ごく普通のスイセンに混じって咲くと明かりが灯ったよう。
モナル

華麗に咲く八重咲き
八重咲き

裏庭の早朝から9時くらいまでしか陽の当たらない場所で
我慢して?開花させるスイセンには頭が下がる。
写真は下から 花の咲いた順。

釧路から網走まで走る一両列車・・動く物は上手く撮れないな~
釧網線

緑が少しづつ濃くなってきている。 昨日から郭公の鳴き声が
寂れた市街地に木霊し、豆の苗は無事育っている。
2015の春が行くー
 2015_05_26


毎日庭へ

Category: 庭の花  

この平凡な日を愛おしんで小さな庭に立つ。
何かしらの変化を見つけて 花や野菜と話す。
また来年会おうねと 枯れた茎や花の始末をするとき
一抹の寂しさを感ずる様になったのは 70才が過ぎた頃・・

     ヒメシャガ
     ヒメシャガ2

     ヒメシャガ

花さんが好きだった 勿忘草・半日陰で咲くと綺麗
(日照りの場所は とっくに種になっている)
花さんへ

ローマンカモミールと バラ・カクテルの根元で慎ましく咲いている。
クモマグサ
クモマグサ

     ことしも 君の鈴の音聞こえるよ フウリンダイコンソウ
     フウリンダイコンソウ

町を二分して流れる釧路川 橋立替え工事が始まり 橋脚の側で
ひっそり咲いていた あなたたちを助け出す。
庭に植えて10数年・・今年は30本の花があちこちで咲く。
クロユリ
クロユリ1

クロユリ2

シレネの株分けした時 クロユリさんは一緒について行ったんだね。
シレネとクロユリ

ある時は パワーショベルの中から、廃屋から 閉校された
校舎の花壇から・・抜いて捨ててあったものなど
そんな花ッチが 何種類もある。 必ず増やして株分けし
日射しの有無に、積雪状態に合わせて三箇所くらいに分けて植える。
太陽の当たる順から咲き初め、同じ花でも長い期間楽しめる。
そう教えてくれたのも・・花たち。  
 2015_05_25



山菜採りから・・六花

     えぞを バランス取りながら ヨモギ摘み。酸素のクダが短いので
     このくらいの距離にあるのだけ摘む。(転ばないでーねー)
     ヨモギ摘み

     ヨモギ

     ミキサーに掛ける。 冷凍保存
     ミキサーで

     笹の葉を、お団子の裏へ・・いまは竹の秋・・笹も枯れている。
     笹の春に摘んで冷凍しておいたもの。
     ヨモギ団子

     冷めてもチンするとフワフワになる。 あんこ嫌いの孫達ばかり・・

     フキ

     こごみ・・始末の面倒さから敬遠していたが、
     友の味噌漬けご馳走になると  おいしくて。
     コゴミ

     フキとミガキニシンの炊き合わせ・コゴミの味噌漬け・フキの五目飯
     六花よく頑張ったね~~
     山菜づくし

えぞをは 近くのフキを数本、コゴミを見つけられない六花に
次々と、「あそこにあるよ」と教えてくれる。
何せ山育ち、見つけるのが上手。 六花は彼の足に徹する。
以上が えぞをの 楽しい時間・・幸いヒグマにも会わず過ごした。

**********************

此処からは えぞをの原稿。 六花が代打する。 

大きな森には 入り口が必ずある。
入って行くと、何処かで精霊か妖精に出会いそうな気がする。

北海道へ引っ越して来て、アイヌの小びとの妖精、
コロポックルの話しを聞いた。
こちらは雨の日などフキの葉の下で雨宿りしているらしく
子ども心に可愛いと想像した。

小樽で「たんぽぽ文庫」や「ふきのとう文庫」に関わったとき
世界の子どもの本の中で 沢山の妖精の話しを読み楽しんだ。
いまでも其の国へ行ったら出会えそうな気がする。

    

     蕗伸びる曼荼羅雲に囲まれて


     コタン廃れ(すたれ)蕗の原越え雨の脚

                 **************** えぞを

えぞをは朝方 少し血を吐き・・安静にしている。
また 蘇って フキ採りに行く予定。  ダイジョウブ。
 2015_05_23



厚岸(あっけし)・道の駅に 作品の展示替えに行く。
廊下へ17枚 レストランへ3枚・・
     コンキリエ取り替え

     コンキリエ常設展示

     コンキリエ常設展示2

館内の真ん中に 記念撮影場所が・・ 
「お父さんの気持ち 良く分かるな~」(苫小牧からのお客さま)・・
      ご本人様から掲載許可を頂いています。 
コンキリエにて

この後、隣町の特別老人ホームへも 展示替えに行く。

少し疲れたかな?  えぞをは 肺のリハビリへ。
肺に溜まった水が 無くなるといいな・・
 2015_05_22



早起きした。 出かけよう!
ポットにレモンティつめて・・いざ  でもヒグマがこわいから
なるべく開けた場所に。
途中で 牛の牧場の方が・・カメラを構えているのを見て
「スモモだよ」とおっしゃる。

甘い実がなるそうな・・食べにおいでと!
スモモ

スモモ2

此処は、ニリンソウとエンレイソウの群生地
オオバナノエンレイソウ1

カワユエンレイソウとしばしば混生している。
カワユエンレイソウも

ニリンソウ・・中には 三個咲く花も有り・・幾つ咲いても ニリンソウと言うそうな。
ニリンソウ1

ニリンソウ2

そして この花! 道東のさくらの掉尾を飾り咲く エゾノウワミズザクラ
エゾノウワミズザクラ
残り花
残念なことに 引きこもりしている内に季節は行ってしまった。

山菜を沢山収穫した。えぞを大活躍・・彼にしては・・だが
その様子は、えぞをの当番 「土曜俳句」に 写真を。。。

ブロ友の言葉・・息しましょう。行きましょう。生きましょう。
粘れるだけ粘って。 
そうですね・・忘れません  
 2015_05_21



ケアマネージャが来る。 コロコロと良く笑う。
廻りを明るくするーそれだって 才能だ。
しきりに何処かへ出かけたかと聞く。 室内族なのを知っているから。

     リシリヒナゲシ・・高山植物・・此処では平地に咲く。
     リシリヒナゲシ

網走まで出かける予定があるというと 自分の事の様に喜んでくれる。

彼女の受け持ちに95才になる方が居て じゃ目標は100才ですね
と言うと、「いやいや120才まで 僕は生きますよ-」
と返事が返って来たと言う。
93才で白内障の手術を受けて 耳も普通 数字のパズルに凝っているという。
一級建築士を生業とし、かくしゃくとした姿と えぞをの報告。

     ムスカリ
     ムスカリ

     クスダマサクラソウ
     クスダマサクラソウ

そんな風に 長生き出来るとはえぞをも六花も思って居ないが
死んだ様に生きたくは無い。生きてる様に生きよう 

     いま一番綺麗な花  オヒョウモモ (今年は花数少ない)
     オヒョウモモ3

オヒョウモモ1

それでは 明日は外出しようかな?
 2015_05_20


雨の日に

Category: 庭の花  

倦怠感この上なし。 活動しなければならない時は
危険なので コートリルを飲む。 何も無いから幸せな雨の日と思い
写真掲載が 隣り合わせになる方法がないかと試した。
上手くいかない。写真をもっと小さくしなければならないのか?

     ラミュームピンクパール・・こぼれ種でアチコチに飛んで咲く
     ラミュームピンクパール1
     
     親に似ない色で咲く
     ラミュームピンクパール2

     ミヤマオダマキは、下向きに咲くので おかげで大分濡れながら撮る。
     アチコチ飛んで咲いている。大好きなので殖えるままに。
     ミヤマオダマキ
     
     クスダマサクラソウ 殆どこの色に淘汰されてしまう。

     クスダマサクラソウ

     シレネ ピンクが早咲き。霜が降りる頃まで咲き続ける。


     シレネ

いま咲いている花を記録しておこうと・・でも無理をしたかもしれない
着替えて、睡ろう・・ したっけ。
 2015_05_19




04  « 2015_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.