岩手県湯田村  卯根倉銅山

~夢の片らすら見いだせない廃墟、かって存在した事実を示す
唯一の痕跡である。 道がここまで伸びてもう手が届きそうな距離である
それなのに一層遠くなった卯根倉であり 少年の日である。~1997年9月

卯根倉鉱山

玉川温泉

恐山




*******1953年 (昭和28年) 5月作品*********


花傷み ここに増毛の 青嶺見ゆ
*増毛・・地名・ましけ

君死後も 軒うち止まず 花の雨


草笛の つひに独りの童かな


********6月作品


裸婦見ての 窓外炎夏 音絶ちぬ


世の炎夏 踏み来し畫廊 こゝ澄めり


夏痩せて 西日畫廊に 堪え得ずや


夏の月 ぐらす・ぎやまんの 陰もてり


癒え装ふ 虹の輪くぐり 来し母に


乳房觸れ 濤は熱砂に 聴くべかり


*********朱色ノートより  えぞを23才********



えぞを青春の俳句 
草笛の・・は 岩手県の山奥から小樽へ出て来て 言葉のなまりをからかわれ
孤独な少年時代を過ごした。 後年彼の声もプラスされきれいな発音は
私の友人たちを魅了することになった。 

父親が長く病んでいるとき 家族揃って湯治をした 「夏油温泉」
山々を越えて 鉱夫たちが えぞをの妹や食料品を背負い
一日がかりで 運んだ。裕福だったからこそ出来た事だったろう。

「夏油温泉」 げとうおんせん1997年9月

結婚してから 幾度となく訪れた 私たち家族の思い出の温泉。

夏油温泉1

夏油温泉2
夏油温泉湯治場

今年の秋、私は此処で湯治をしたいと思っている。
えぞをの両親も、えぞをも 様々な魑魅魍魎を引き連れて
やってくるだろう。 祖先の魂が私を待っているような気がしてならない。


 
 2017_01_28




12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.