昭和の時代・・庶子

Category: 日記  


1月23日の朝  いやー降ったね~

降ったね~

高校入試の書類を提出するとき 戸籍謄本を見た。
私は父の戸籍に入り 庶子となっていた。昭和15年生まれの弟も。

父の説明

母は ○○家の戸籍筆頭者  兄弟姉妹が早死にし、父も早世した。
大変な財をなして居たそうだが それ故に○○家を継ぐと言う足枷が有った。

一方父は、兄である長男が 近衛兵として村の誉れと言われ出征した。
やがて 粟粒結核と成り除隊 妻娘に感染 次々亡くなって行った。
 
次男だった父は 家督を継ぐという立場に追いやられた。

旧民法は 家督を継ぐ物同士の結婚が認められていなかった。
あるいはそれを乗り越えるための親類の承認と手続きが必要だった。

八方ふさがりの内に 私が生まれ 弟が生まれ 第三子を身籠もっていた。
父が頭を下げ周り 自分の子の誰かに 母の姓を名乗らせると誓約書を書き
ようやく第三子を (昭和18年)次女として届け出ることが出来た。

国家が個人を蹂躙した例である。

○○家は 樺太から追われ一切の資産はなくなり 
戸籍筆頭者としての母の名前が残っていただけである。

父の話す言葉を受けて 
(殆どそれがどうしたのかな・・自分は自分である事に変わりない)
と考え、それを忘れた。

私の 結婚の届け出の時発行された戸籍謄本は
すでに 新民法になっていたはずなのに相変わらず「庶子」であった。

再び今度は何やら真剣にえぞをに説明している父・・
要約すれば 自分たちは結婚届を出す事が出来なかったために 
娘の出生届は「庶子」となっているが
わたしたち両親の子どもである。と言う事だったろう。

えぞをもえぞをの母も理解し 結婚届を出してくれたのは義母である。

つづきがある・・ やがて だれに 母の姓を名乗らせるかと親戚に迫られて
皮肉にも 実子として届けられた次女が候補に挙がった。

次女は後年「私は親に捨てられた」と そのトラウマに苦しんだ。
彼女が思っていたことは 容姿が劣り 頭も兄姉に遠く及ばず
それで 両親に選ばれて 親戚の元へ行くように言われたのだと。
今もそう思っている。
次女の強い拒否にあい 結局母の姓を名乗る人は居なくなり 民主国家へと
変貌される中で 忘れられた。

しかし私も 弟も忘れず・・妹に到っては 両親に捨てられそうになった事を
恨んで大きくなった。

国家が個人を蹂躙することがあってはならないと 昭和の時代は教えてくれたはず
私たちは 守るべきものを間違えてはいけないと思う。

2015年弟の死亡で 戸籍謄本が必要となり謄本を取った。
私も 弟も 庶子の記載が消えていた。  不思議だったが
何だかすこし晴れた様な気持になった。 
伝えたい弟はその時もういなかった。


 2017_01_24


Comments

サヌ・ヒロさん 今晩は~ 

ここから先は用心して 戸外の散歩は中止した方が良いと
思います。 
まだノロウイルスも活躍? しているようですし
インフルも型が違うとか・・

戦後は誰にとっても大変な時期だったようですね。
でも血のつながりは 助け合うことこそと思うのですが。

乗り越えていまがある。 いまを大事にしたいです。

2月の手術はいつになりそうですか?

快復に大分かかりそうですね。 脚は同時進行で手術なんですか?
100%の答えを信じて 患者はベストの体力で
臨みたいものです。

六花  URL   2017-01-24 23:52  

寒さが厳しいみたいですネ! 

戦前の日本には、色々と問題があって、大変だったようですね。
私の父も寺の長男に生まれながら、寺は弟(叔父さん)が継ぎました。
終戦で家族を連れて朝鮮から引き揚げてきたとき、その寺を頼ったのですが、
かなり手厳しく、冷たい待遇を受けた…と姉から聞きました。

北海道は零下の気温が続いているようですが、大丈夫ですか?
流石の四国も寒くて風が強く、いつもの散歩を中止しました。
風邪を引いて、咳をすると手術が難しくなるようなので、
当分は大事を取ります。

サヌ・ヒロ  URL   2017-01-24 22:38  

太巻きおばばさん 寒いよー 

今日は 大雪あとの寒波が来てしまい 縮こまっていました。

叔父さん叔母さんと言えば 大正時代から昭和の初めですものね。
その方々にとっては ちょっと変わった子ね・・くらいは
言われてしまいそうです。 自分の価値観が絶対なのでしょうね。

でも従姉妹さん達にとってはうらやましいのではないでしょうか?
知らない文化に触れ 知らないドイツ人の方々と
共有なさって・・それはステキな人生と私は思うのですが。

ドイツ平和村・・今とても関心があります。
そこから出発するとドイツの方達の考え方が
すこし分かってくるような。。
六花  URL   2017-01-24 19:38  

風のフェリシアさん 今晩は~ 

家の為の結婚は まだフェリシアさんの時代にも有ったんですね~

家庭にはそれぞれの家庭の内包する力ってものがあり
それを越えると 子どもが可愛そうな状態になる。
「子ども食堂」のお手伝いをなさっているから
子どもの貧困が取りざたされているのが
良く分かると思います。

まずは子どもの貧困を救って頂きたいと思います。
きっと助けられた子は納税者に成り やがて子どもを産み
育てていくでしょう。そこに国の未来があるんだと
理解しています。 

六花  URL   2017-01-24 19:26  

わすれ草さん そうついこの間だ 

過去帳を見ると 明治や 江戸の時代は男の名前が書かれ
○○の女と奥さんのことが書かれています。○○の母というのもあります。
きっと長男の名前でしょう。
その人のお名前が今となってはわからない。

国家権力は 女をお家を継ぐものを生むことで
辛うじてその生存を認めたという時代がありました。

父が自分の子として認めなければ 私生児として
母の戸籍に記載された様ですね。

それが旧民法で定められていたようです。
六花  URL   2017-01-24 19:12  

桐の花さん 辛いお話。 

貧しさ故にどんなに勉強が出来ても子守や女中や 
女工として集団就職へ行った子は同級生でたくさんおりました。

私は 昭和の時代は 戦争と結核 性病 らい病の時代
だった。 貧しさ故に日本人は何でもした時代だったと。
思って居るんです。
昭和の時代をレトロといい・・昭和は良かったなどという
現代の人々の風潮を許すことが出来ません。
六花  URL   2017-01-24 18:59  

ばあばさーん 降ちゃったわ~ 

パウダースノーだから雪達磨も作れない。 でも真っ白の世界は
冬らしくて好きかな?

昭和60年代 まだ根強くありましたね。いまも少数児だから
起こるでしょうね。
誰が先祖代々の仏壇を守るか?などと。

父は 我が子を名乗らせなかった代わりに
お墓を建てました。 ですから 二つのお墓が
苗字違いで並び・父はお墓を守る事で詫び状としたのでしょう。
六花  URL   2017-01-24 18:47  

No title 

凄い雪ですね~
吃驚です。毎年こんなに降りませんよねぇ。

今と違って昔は結婚も自由に出来なかったんですね。
私もこんな遠いベルリンまで来てしまい、
親戚からは疎遠になってしまってます。
従兄弟同士の年代は大丈夫でも、
叔父、叔母の世代にとっては私は外れ者なんです。

日本で何も考えないで暮らしてみたいです。
太巻きおばば  URL   2017-01-24 18:09  

昨今、気配を感じています。 

国家のために個人が蹂躙されてはいけない。
その通りだと思います。

最近、感じるんですよ。
出生率1.8人という目標や、
「女性が輝く社会に」というスローガンに、
少子化対策や人手不足の国のために、
女はもっと産んで、もっと働け!ということ?って。
その上、「一億総活躍」で、老いても働け!と。

家のための結婚は、私の友人にもありました。
天皇陛下は人間宣言されたのに、人間扱いされていないようですし。
風のフェリシア  URL   2017-01-24 17:56  

遠くない時代に 

二人の愛よりもお家大事。結婚に制約があった時代が、そんなに遠い昔でなくあったのですね。

高校時代の友が私に語ったこと。
「高校の手続きの時に戸籍謄本を見たんだよ。続柄が『女』だった。長女でも次女でもない、女と書いてある戸籍だった」
自分の生い立ちには何かあると感付いてはいたけれど、「女」だったショックを涙を滲ませて言った友の顔を思い出しました。
わすれ草  URL   2017-01-24 16:35  

同様な事例がたくさん・・。 

複雑なルーツと言うか家系をよく覚えておられましたね。

どの家でも、一人や二人は戦さに命を捧げ、遺族は言葉に尽くせない辛さを味わいました。

北海道の方々は樺太の問題もあり、本当に苦労されたようですね。

従姉妹の生母は、夫戦死のために息子二人を婚家に置いて、樺太の巡査と再婚。
そこには、前妻の子が3人。そして新たに3人の子が生まれました。

やがて再婚相手は病死。
父親の違う子ども六人を連れ、信州の夫の生家へ。
貧しさのあまり、上の娘達は、中学生になるやならぬで、見知らぬうちの子守りとして住み込みました。

後年、札幌の兄たちとも会うことができ、兄弟会を開いてます。
そして、これほど戦争に翻弄されながら、自分たちの家系や結び付きをとても
大事にしています。

六花さんの文から大事な事を思い出しました。
長文でごめんなさいね。
桐の花  URL   2017-01-24 16:30  

No title 

こんにちは

マイナス25度、パウダースノーですか、降っちやいましたね、

昭和はまだまたお家が大事でしたね、後継ぎが必要でした。
話は少し違いますが、昭和60年代、長女が結婚する時、相手も長男でした。
どちらの家を継ぐか、さんざん話あいました、結局嫁がせる事になりました。
産まれた、第2子をこちら、後継ぎとして渡すと言う条件でした。
私達も古い考えでしたね、
初孫が産まれた時、ようやく気が付きました、本人の意志と言うものがある事を。
いなかのばぁば  URL   2017-01-24 16:27  

久仁さん奥さま今日は如何ですかー 

庶子を検索したのは 昨日が初めてでした。

住んで居た環境もあって 一度も厭な思い出も無く
通り過ぎてしまいました。

庶子とか私生児とか・・きっと複雑な思いをしながら
育った方はたくさんおられるでしょう。
どうしても強い自己確立が必要ですね。

今の時代皇室が・・それも同じ運命かもしれませんね。
六花  URL   2017-01-24 14:35  

michiさん こんにちは。 

ずーっと可愛そうだった妹です。
みんな何処かで少しづつ 親の理不尽さに泣いた日も有る
でしょう。
でも 自分の兄弟の中から選ばれて 遠くへしかも自分の
母の苗字を名乗るために。
とうとう昔風に言えば お家断絶となりましたが。
いまはむかしのこととなりました。
六花  URL   2017-01-24 14:29  

No title 

辛い時代を生き抜いてこられたのですね
済みません、私は庶子と云う言葉を知りませんでした
昔には、そんな事が普通に有ったのでしょうね~
今では考えられないですけどね
久仁  URL   2017-01-24 13:43  

そんな時代。 

一言では片付けられませんね。
心の痛みはチャンと残っています
昔は沢山あったお話なんでしょう。
私も昔そのような事を父親から聞いたことがあります。
どこそこの養子になったとかならなかったとか・・・
祖父も寺を出て職業軍人になったんだとか?
職業軍人って何?
と今は思ってしまいますが(^_-)


michi  URL   2017-01-24 11:01  

 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:六花
一人でも 楽しく生きて行こう。
心の中にパートナーが
いるのだから・・

いらっしゃいませ

検索フォーム

QRコード

QR




.